ちょい先パパ・ママの体験談&アドバイス

夫が子育てに参加してくれない(2019/12/26配信分)

1~2歳

1歳の子どもがいます。

旦那が子育てに参加してくれません。
家に帰ったらほとんどゲーム、休みの日はパチンコです。
買い物くらいは付き合ってくれるのですが、それを「嫁孝行」と言って、満足そうです。
子供に対して愛情はあるようで、あやしたりはしますが、
一緒に遊んであげたことはほとんどありません。
おむつ替えをお願いしても「さぼろうとしている」と言われ、してくれません。
はっきり言って、子供への関わり方が、親戚のおじさんレベルです。構いたいときだけ構って、面倒なことはやらないスタンス。
どう理解し合えばいいでしょうか?


体験談・ アドバイス その1

私は10才、7才、5才の3児の母です。
うちの旦那も、あなたの旦那さまと大して変わらないですよ。まぁ「さぼろうとしてる」というのは…ちょっと理解に苦しみますが。
たぶん、旦那さまは、自分はとっても良い旦那、パパだと本気で思ってるんだと思います。もしくは、あなたがやってもらえて本当に嬉しいこと、助かることが分からないんだと思います。だから買い物しただけで、嫁孝行だと思っているのです。そして、1才の我が子との遊び方は、よく分からないんだと思います。
なので、具体的に、どんなタイミングでどんなことをしてもらうと助かるか、嬉しいかを感情的にならず、伝えてみてはいかがでしょう?
妊娠や授乳で母性は自然と成長しますが、父性は自然の成長に任せると、だいぶゆっくりにしか育まれません。
あなたが旦那さまの父性を育てるつもりで、ぜひ、あなたがしてもらえると嬉しい、助かることを具体的に伝えてみてください。
応援してます!

体験談・ アドバイス その2

親戚のおじさんレベル、とってもわかりやすい表現です。
子どもが2歳3歳となって会話がより成り立つようになると、可愛さも増してくる‥という経験が我が夫婦にはありました。そのときにパパがきゅんとくるような会話ができるよう普段から仕掛けておくのもありかなぁ。パパはいつもお仕事がんばってるんだよ~一緒にお風呂入ってくれたら嬉しいね~などと。。妻としては夫の減点部分はたーくさん見つかりますが‥少しずつ成長できるよう小さなことを拾って褒めていく‥急がば回れ、だと思います!

体験談・ アドバイス その3

初めまして、小一と年中の娘がいます。
毎日、子育てお疲れ様です。
ご相談の件ですが、私も上の子の時それで困りました。
まず子育てって大変ですよね。
子どものために表情や言動をよく観察して、自分を合わせていく作業の連続ですから。
ゆっくりご飯を食べる暇もなく、子どものお世話で一日が終わることが多いと思います。
私たち母親は子供をお腹に宿した時から子どもに合わせる生活をやって来ていますが、ご主人はお子さんが産まれてからのスタートです。
誰かに合わせる生活の期間が、やはり母親と父親では違います。
ご主人の育った環境にもよりますが、誰かに合わせる訓練を生活の中でしていなければ、いきなりお子さんのお世話をする生活ってハードルが高いのが事実です。
オムツ替えを頼んだ時にご主人から「サボろうとしている」と言われたと言うことは、オムツ替えがご主人にとっては難易度の高い作業と言うことの証明ではないでしょうか?
まず、そこから理解していただいて、ご主人に「オムツ替えを頼もうとすると、サボると思うのは何故か?」と質問してみてはいかがでしょうか?
ご主人の勘違いもわかるかもしれません。
あとは、お願いする時に、お子さんのお世話をしたいけど、ご飯作りやお掃除など他にやることがあるので、その間見ていて欲しい、など具体的に頼む理由を伝えてみるのも手かもしれません。
男性は傾向として想像力や観察力が脳の機能として、女性に比べ乏しいので、やはり具体的に伝えないと分からない傾向があります。
ご主人がやり方が分からなかったり、慣れない間は一緒にオムツ替えや遊びをされてみるのも手です。
お子さんの性別はわかりませんが、自分の育った家庭が自分の家庭像になりますので、今しっかりお父さんも子育てに関わっておけば、男の子でしたら将来子どもにしっかり関われる子に育つと思いますよ(^-^)
参考になれば幸いです。

体験談・ アドバイス その4

すみませんが、とんでもないご主人ですね。
我が子を世話しようとしないなんて信じられません。
はっきりと言って聞かせないとわかってくれないと思いますよ。
私一人の子どもじゃない、あなたの子どもなんだと。
父親も子どもの面倒を見て当たり前です。
おむつ替えを頼んで「サボろうとしてる」なんてひどいですよね。こっちは家事もしなきゃいけないし忙しいんだって耳にタコができるくらい言ってわからせましょう!

体験談・ アドバイス その5

1才のお子さん、かわいい盛りですね。
うちは今6才。その頃の旦那は同じ感じでした。
パチンコはしていませんが、ずっと家にいてテレビか寝るかだったので、腹が立つばかり。言ってもやらないしケンカになるし、不満が増殖するばかりでした。
なので、旦那に何かを期待することをやめました。やってくれたらいいのにと思っていると、やってくれなかった時に不満がでるので、ストレスになりましたから、旦那は何もしないものと、思うようにしました。

旦那が休日だろうがなんだろうが、日中は子どもと二人で外出していました。自分に友達がいなかったので、公民館、福祉センター、子育てイベントに行くなど、自分と子どもが楽しめることをしていました。
顔見知りができたり、相談したりもできて悪くないなと思いました。
6才になった今でも、休日は二人で外出しています。
アドバイスになるかわかりませんが、私はこのように過ごしています。

体験談・ アドバイス その6

私の主人は子供は好きで可愛がりますが、子供中心でなく、自分中心で面倒なお世話はしなかったです。
ただ、一度手伝ってもらって自分でも出来ると分かると、手伝ってくれるお世話もあり(小の時のオムツ替えはOKでしたが、大はNGでした)ました。なので、上手に持ち上げて一度してもらったり、買い物や用事で半日お世話をする機会を作ってみたりしてみたら、どうでしょうか?
意外と出来る、楽しいと思うと次もしてくれたりします。

体験談・ アドバイス その7

ダンナさんは、相談者さんにとてもとても甘えている印象を受けました。また、相談者さんは責任感の強さから、お子さんがもっと小さい頃はダンナさんにおむつ交換など頼んでなかったのではないでしょうか?新生児の頃からおむつ交換、離乳食の開始など手を出してもらっていれば違ったかなと想像しています。
普段のおでかけも、相談者さん一人がバタバタと準備して、ダンナさんは「まだ?」とか言いながらゲームしてそう。笑
うちは、そうでした。なので、わたしが急いで準備をしている演技をしながら「オムツつめて」「ベビーカー準備して」と一つ一つ伝えてました。今は、自分からしてくれます。

これから相談者さんができることを考えたのですが、
「ダンナさんがいた方が赤ちゃんがよく笑ってる、あやすの上手だね」「ちょっと食器洗ってる間遊んであげて」「代わりにミルクあげて」
などほめて伸ばす、ダンナさんしか相手ができない状況にする、くらいしか思いつきません。
できないことを、感情的に「なんでしてくれないの?」と言っても全く効果はありません。
文句を言いたいときは、テレビ見ながら、視線を合わせず、独り言のように「なんで、普通の男の人って〇〇しないんだろうね?」とか伝えてみてはいかがでしょうか?

わが家は子ども3人いますが、3人目になってやっと父親になったと感じます。
お子さん1人だと、お母さんが一人で頑張れば、なんとかなるんだと周りもお母さん自身も思ってしまいがちです。
ぜっったい、そんな事はありません。もし二人目を妊娠したら…ダンナさんにが上の子をみるしかありません。
子育ても、ダンナ育てもあるので大変ですし、ダンナ育てはすぐには結果が出ません。精神的に鍛えられますが、「私さえ頑張ればなんとかなる」とは考えないでくださいね。なんとかなりませんから!
二人の子は二人で育ててください。お子さんにとっても、お父さんお母さんの笑顔が嬉しいと思います。
長文失礼しました。

体験談・ アドバイス その8

男性からしてみると、褒めてもらえたりお礼を言われたりすると頑張ろうと思います。私がそうです。
子供ももう少し大きくなってお手伝いできるようになると、褒めたり驚いてお礼を言ったりするとやる気になりますが、予行練習くらいに思ってやってはどうでしょう。
例えば、買い物に付き合ってもらえるなら買ってきたものをついでに冷蔵庫の中に入れてもらえると嬉しい、からの、やってくれたら大げさに嬉しがるとか。わかっていても褒められたりお礼を言われると嬉しいもんです。これは逆も然りだとは思いますが、男性は気付きにくいですしね。
ただし、あくまで男性も人によるので、見極めは必要です。

一覧に戻る