トップ > お悩み相談・体験談 > ひろしまこども夢財団★papamama smile club > エコに涼しく夏を乗り切ろう!~ 節電もしながら子どもと楽しく過ごそう~

ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「エコに涼しく夏を乗り切ろう!~ 節電もしながら子どもと楽しく過ごそう~」

■日時 平成23年7月5日(火)
■出演 広島工業大学工学部都市デザイン工学科 助教 今川 あけみ さん
■ DJ 徳永 真紀さん

【徳永DJ】

今日のテーマは,「エコに涼しく夏を乗り切ろう!~節電もしながら子どもと一緒に楽しく過ごそう~」です。まず,今川先生がいらっしゃる“工学部都市デザイン工学科”というのはどんなことを勉強する学科なのですか?

 

【今川さん】

 そうですね。今よく耳にする「復興計画」とか「復興事業」そういった技術とか,防災や環境保全などを勉強することができます。私の専門は「都市地域計画」なのですが,地球に優しくどうやって暮らしていけばいいかということを考えています。

 街づくりを通して地球に優しく生きていくためには,どういったことができるか研究したり,教えたりしています。

 

【徳永DJ】

 今日はすてきな絵も2枚持ってきていただいているのですが。

 

【今川さん】

 ラジオでお見せできないのが残念なのですが,アトムの住むような近未来的な未来がいいのか,それとも,トトロの住むような世界がいいのか,それは皆さんに決めていただきたいと思います。

 

【徳永DJ】

 こういう絵なども使いながら,わかりやすく問題提起されたりしているんですね。

 

【今川さん】

 そうですね。私も小さな子どもが3人いますので。

 

 

【徳永DJ】

ママさんなのですね!では,今日のテーマ「節電もしながら子どもと一緒に楽しく過ごそう」ですが,今川さんの活動が新聞に取り上げられたそうですね。

【今川さん】

 そうなんです。中国新聞に“緑のカーテン作り”について紹介されました。それは,広島市動植物公園主催の「緑のカーテンコンクール」に応募したんですが,昨年度は最優秀賞,その1年前は優秀賞をいただいています。

 

【徳永DJ】

 2年連続で受賞されているんですね。

【今川さん】

 はい。今年も頑張ります!!

 

【徳永DJ】

 おっ!では今年もいろいろな取り組みをされているんですね。“緑のカーテン”てよく聞きますが,具体的に言うとどういうものになるのですか?

 

【今川さん】

 緑の壁を植物で作るんですが,私が今住んでいる家はトトロに出てくるような100歳くらいの家なんです。だから縁側が全部空いてしまって,窓になっているので明るくていいのですが,直射日光が入って暑くてたまらないんですね。ですから,窓の外側に緑で壁を作っています。

 

【徳永DJ】

 こちらも写真を見せていただいてます。本当に,屋根以外の所は一面緑と言いますか,壁にそってもう一枚緑の壁があるようですね。

【今川さん】

 そうです。このおうちと緑の壁の間は3mくらいの隙間があって通れるんですね。

 涼しいので,子ども達の遊び場になったり,宿題をしたり,おやつ作ったり,綿菓子を作ったりしています。

 

【徳永DJ】

へぇ~!この緑は何で作られているんですか?

 

【今川さん】

 これは,ゴーヤ,へちま,ひょうたん,風船かずら,アサガオも二種類植えています。

 

【徳永DJ】

 じゃあ収穫できるものもあるんですね。

 

【今川さん】

 はい。ゴーヤもヘチマも食べられますし,あと種類を色々植えることにより,緑の鮮やかな時期が微妙にずれますから,11月ぐらいまで楽しむ事ができます。

 

【徳永DJ】                                                 

 じゃあ色んな種類を植えたほうが,長い間つかえるということですね。

 

【今川さん】

 それもあります。それに,葉の色や光の透け具合が違うので,しっかり影にしたかったらヘチマがいいし,薄く,光を透かしたかったらゴーヤのほうがいいと思います。

 

【徳永DJ】

 そんな風に自分がどんなふうに光を取り入れたいか,ということも考えればいいんですね。

 この緑のカーテンを使うことにより,直射日光が遮れるということですが,冷房を使う機会は少し減ったんでしょうか?

 

【今川さん】

 そうなんです。私達の家族は2007年に引っ越してきまして,広島人5年生なんですが,1年目の夏はすごく暑くてクーラーをよく使い,8月の電気代は12,000円くらいでした。でも,次の年からグリーンカーテンを付けましたので,せっかく付けたクーラーはほとんど使わず,8月の電気代は平均6,500円くらいになっています。

 

【徳永DJ】

電気代半分くらいですね。

 

【今川さん】

 ええ,助かっています。

 

【徳永DJ】

 具体的に表も作られているんですね。これ,ご自宅の・・・。

 

【今川さん】

 はい。電気代です!!


【徳永DJ】

 わっはっはっ!さすが先生!!細かいですね~!自分ちをここまで研究し尽くしますか!

 この緑のカーテン,こんなふうに効果的なのは分かったのですが,お子さんは一緒に作られたんですか?

 

【今川さん】

 これは大学のお兄ちゃん達が研究のためにも一緒に作ってくれてまして,子ども達はこれで遊ぶのと夕方の水やりというか水遊び専門です。

 

【徳永DJ】

 そうなんですね。水やりはどのようにやるんですか?

 

【今川さん】

そうですね。ホースで足元にザ~と水をかけるんですけど,その際,古い家で平屋なので,大屋根の屋根の部分に水をかけると,蓄熱した瓦が冷めて天井裏も部屋の中も涼しくなります。

 

【徳永DJ】

じゃあその辺りまでお子さんと一緒にしっかり水やりをされているんですね。

届くのであれば,屋根のほうまで水をかけたほうが涼しくはなる・・・。

 

【今川さん】

効果があると思います。屋根に水をかけた瞬間,湯気がザーと出るんですね。

 

【徳永DJ】

でしょうね!特に真夏はねぇ~。

 

【今川さん】

ええ。だから道路に水打ちをするような感覚でしょうか。ですので,周辺の土間というかコンクリートを打っているところや塀にも水をかけています。

 

【徳永DJ】

そうなんですね。風か起こったりしますもんね。そうすることで・・・。

リスナーさんにも簡単にできるグリーンカーテンはありますか?

 

【今川さん】

そうですね。グリーンカーテンは今からでもギリギリ間に合います。この前の日曜日にホームセンターに行ったんですが,緑のカーテンセットというのを売っていましたので,そういうのでされるとお手軽かもしれません。それから,うちでは「電気権,1人1つ運動」というのをしています。

 

【徳永DJ】

 電気の権利ということですか?

 

【今川さん】

はい,そうです。電気のスイッチをオンできるのは,1人一個までということです。

 

【徳永さん】

 えっ?それはどういうことですか?

 

【今川さん】

 もしテレビを見ようと思ったら,私はテレビのスイッチ,あなたはレコーダーのスイッチ,そしてあなたは電灯のスイッチと,3人集まらないとテレビが見れないんです。

 

【徳永さん】

 はあはぁ~!!じゃあ同じ部屋に一緒にいられるし・・・

 

【今川さん】

 みんな集まらないといけないですね。

 

【徳永さん】

 へぇ~!家族団らんにもなるし,節約にもなると。

 

【今川さん】

 はい。勉強してても宿題をしていても,鉛筆を削りたかったら電灯を消すとか。

 

【徳永さん】

 ちょっとゲームっぽいですね!

【今川さん】

 ええ。子ども達は今のところ楽しんでやっています。

 

【徳永さん】

 楽しくエコってことですね。こいうふうにエコな暮らしを通して,お子さん達に何か変化はありましたか?

 

【今川さん】

 今時の子どもといいますか,一番上の小学校5年生の子どもが,小さい時におもちゃなどが壊れたら「また買えばいいよ!」とあっさり言うんですね。モノに対する愛情が薄いというか・・・そういうことに驚いて,モノを大事にしないと人も大事にできない!とい言うことで,無駄な浪費をやめようねということを進めています。そして,地球が病気になったのは皆が無駄をいっぱいしたからだよと言うことを教えて,ケチケチではなく,楽しくエコに暮らしていけたらなぁと思っています。

 

【徳永さん】

 上のお子さんのお話でしたが,下のお子さんはどうですか?

 

【今川さん】

 真ん中の子どもは不思議が大好きな子で,例えば,ほうれん草のゆで汁は殺菌作用があるんですね。しょう酸が入っているので。そういった事が大好きで,将来は科学者が宇宙飛行士になると言っています。

 

【徳永さん】

 おー!エコなところから夢ができましたか!一番下の子はいくつですか?

 

【今川さん】

 はい。小学校1年生なんですが,風船かずらの種ってハートのマークが付いているんですね。それを必死で集めていて,それが講じてか,宝探しの人になると言っています。(笑)

 

【徳永さん】

 かわいい~!今“キュン”ってしました。(笑)

 いやもう,みんなそれぞれ影響を受けて,自分なりの考え方に持っていってるんですね。

では最後にパパさんママさんにメッセージをお願いできますか。

 

【今川さん】

 はい。私も子育て奮闘中のママですが,思い通りにならないことがいっぱいあります。そんな時,お隣に96歳のおばあちゃんが住んでいらっしゃるんですが,“あなたは幸せよ”とおっしゃるんですね。たぶん子ども達が巣立つまでが一番幸せな時期なので,その幸せを大事にしたいなぁと,いつも子ども達を叱りつけた後に反省しながら思っています。ですから,ぜひ一緒にその幸せを満喫しましょう!

 

【徳永さん】

 今すっごい幸せな笑顔たっぷりでお話してくださって,私も幸せのおすそわけ頂きました。ありがとうございます。今日は広島工業大学工学部都市デザイン工学科助教の今川あけみさんにお越しいただきました。ありがとうございました。

 

【今川さん】

 ありがとうございました。