ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「パパの出番 夏の遊び」

■日時 平成23年7月19日(火)
■出演 川・森・文化交流センター   木村 真一郎さん
■ DJ 徳永 真紀さん

【徳永DJ】

「川・森・文化交流センター」とは,どういうところですか?

 

【木村さん】

 安芸太田町にある宿泊研修施設です。名前の通り,地域のみなさんの踊り,コーラスや健康体操などの文化教養講座を行ったり,地元や江田島市の子ども達の交流を行ったり,安芸太田町の自然豊かな地形を利用した,「しわいマラソン」というイベントを昨年度から行っております。このような実習・プログラムの企画,運営を行っております。

 

【徳永DJ】

色々されているんですね。イクちゃんサービスにも参加されているんですよね?

 

【木村さん】

 はい,そうです。私どもの「川・森・文化交流センター」と,同じように管理をしております「杉ノ泊ホビーフィールド」の方で,ミルク用のお湯の提供しております。

 

【徳永DJ】

 では,ご家族で多くの方がお見えになっていると思うんですが,今日のテーマは「パパの出番 夏の遊び」です。川・森・文化交流センターには,どんな遊び場所があるんですか?

 

【木村さん】

 川・森・文化交流センターから車で15分のところに,杉ノ泊ホビーフィールドがあります。自然豊かなオートキャンプ場です。こちらには,ロッジやコテージ,テントキャンプもできるような施設があります。標高が600メートル近くあり,この周辺は暑いですが,夏でも朝・夕は非常に涼しくお過ごしいただける,自然と触れ合うにはいいところです。

 

【徳永DJ】

それで,お父さんの出番というわけですね!キャンプですか!季節的にも,キャンプに来られる方は増えていますか?

 

【木村さん】

 キャンプシーズンに入っておりますので,ファミリーやグループでのご利用が多くなってきています。テントサイトの方には,車がそばまでは入れますので便利です。コテージやロッジの施設では食材だけ持ってきていただければ,簡単に野外でのキャンプを楽しむことができます。特に小さなお子さま連れの方は,最初はこういった施設での宿泊がいいかもしれないですね。

 

【徳永DJ】

 お子さんの成長に伴ってキャンプの方に移っていく,という方も多いかもしれないですね!やっぱりキャンプといえば,テントですよね!テントの張るときのコツってありますか?ここはパパの頑張りどころだと思うんですよね!

 

【木村さん】

テントも色々な種類があります。昔から三角テントのようなものもありますが,最近では比較的簡単に短時間で立てられるテントがあります。これを購入されて,一度立てる練習を事前にされておくこともいいかもしれないですね。お庭や公園で一度練習しておけば,実際に野外活動されるときに,天気が悪くても,サッと立てられていいと思います。

 

【徳永DJ】

 確かに,そういう時にもたつくと,パパもかっこいいとこ見せらませんもんね!

 

【木村さん】

 そうですね。家族の方もつらい思いをされたりする場合があるかもしれないですね!

 

【徳永DJ】

 練習も楽しそうですね!

そして,テントを立てた後はご飯だと思うんですけど,テントのそばで自由に作っていいんですか?

 

【木村さん】

 キャンプ場によって色々ルールがあるんですが,基本的に自然の中ですので,火を炊いていいところと悪いところがあります。私どもの杉ノ泊ホビーフィールドでは,やはりサイトの中に専用のスペースがありますので,そちらで薪などを使って炊事をしてもらうようになります。

 

【徳永DJ】

 薪ですか!楽しそうですけど,ちょっと手間という方もいますね。

 

【木村さん】

 そうですね。なかなか火がつけられないという方も多いかもしれません。最近はアウトドア用の持ち運びができて簡単に着火できるガスバーナというものがありますので,こういった専用のものをご利用されたらいいと思います。

 

【徳永DJ】

色々便利なものがあるんですねー。キャンプ場できをつけることはありますか?

 

【木村さん】

 都会と違って,こちらは朝晩がかなり涼しいです。薄手のものでいいので長袖・長ズボンを用意されるといいと思います。特に,蚊やブトなどの虫が出てくるので,ちょっと外で油断してると,あとで痛い目というか痒い目に合うこともありますので,虫よけスプレーやかゆみ止めを持ってこられてもいいと思います。

 

【徳永DJ】

 他に遊べる場所などがありますか?

 

【木村さん】

 私どもは「じゃぶじゃぶ池」と呼んでいますが,キャンプ場の中には,小さいお子さんが簡単に水遊びできるシャワーがありますし,車で5分程度のところに深山峡というキレイで涼しいところがあります。そちらでもお子さんと一緒に水遊びができます。

 

【徳永DJ】

 気持ちよさそうですね~。水遊びをするときに気をつけてほしいことありますか?

 

【木村さん】

 一歩間違えれば危険なことにつながりますので,いくら水が少なくて浅いところでも子どもだけで水遊びをせず,保護者の方は一緒についてみられた方がいいと思います。できれば,ぬれてもいい靴を履いて水に入った方がいいです。川もそうですが,底に何が分からないので,万が一のことを考えて靴は履いて遊んだ方がいいです。あとは,夏ですので,いくら涼しいと言っても日焼けの問題もありますので,Tシャツを着ることは必要だと思います。

 

【徳永DJ】

 そうですねー!今日は色々教えていただきました。

 最後にパパさんママさんにメッセージをお願いします。

 

【木村さん】

 私どももそうですが,キャンプ場は自然の中にありますので,都会では普段味わえない体験ができます。その反面,ある程度危険も伴うということをご理解いただいた上で,お越しください。先ほど申し上げました,最低限の必要備品はショップ等でも教えていただけますので,その辺りを気をつけていただければと思います。特に,お父さん方は結構解放的になられて,夜アルコールを飲まれて遅くまで羽目をはずしたり,外で居眠りをされると虫の餌食になります。そういうこともよくありますので,楽しく過ごすための最低限のルールやマナー,情報を得てから,楽しい思い出を作っていただければと思います。

 

【徳永DJ】

はい!パパさんにも頑張ってもらいたいですね!!