トップ > お悩み相談・体験談 > ひろしまこども夢財団★papamama smile club > 夏だけどおいしく食べよう 親も子もうれしい夏メニュー

ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「夏だけどおいしく食べよう 親も子もうれしい夏メニュー」

■日時 平成23年7月26日(火)
■出演 広島市すこやか食生活推進リーダー   原しのぶ さん
■ DJ 徳永 真紀さん

【徳永DJ】

原さんが所属されています「広島市すこやか食生活推進リーダー」とはなんでしょうか?

 

【原さん】

 広島市民の健康づくりの為に,栄養・食生活の指導や助言を行う栄養士,管理栄養士の集まりです。

 

【徳永DJ】

具体的にはどういった活動ですか?

 

【原さん】

 市内の保健センターや公民館などで,市民の健康づくりや生活習慣病の予防を目的に,ライフステージやその地域に応じた食育指導,健康教室を行っています。

私がおります佐伯区では,親子交流の場“おやこっこさえき”というものがあるんですが,開設当事から,月1回栄養相談を行っておりまして,大変好評で多くの方に集まっていただいております。佐伯区は区民祭りがあるので,こちらでもテーマを決めて,展示や栄養相談を行っています。

 

【徳永DJ】

 食に関するいろんな活動をされているんですね!

では,専門家でいらっしゃいますので,よく聞く「食育」ということについて改めて教えていただけますか?

 

【原さん】

 基本理念としては,「食を通じて健やかな体と豊かな心を育む」ということですが,今日のテーマの子ども達に関して言えば,「食べることを通して心と体を元気にしていこう」という取組です。

 

【徳永DJ】

早速ですが,今日のテーマは「夏だけどおいしく食べよう 親も子もうれしい夏メニュー」!夏って,やっぱり食欲落ちますよね。

 

【原さん】

 そうですよね。お母さん方も食べたくなくなることがよくあると思うんですが,私が行っている“おやこっこさえき”の栄養相談でも,6月くらいから急に増えてきました。「食べないんですよ」という声が。

 

【徳永DJ】

 実は,うちも甥っ子がここ1週間くらいすごく食べないみたいで,おばあちゃんが困っているんですよ。

 

【原さん】

子どもさんって,おばあちゃんやお母さんの気持ちを反映して,すすめればすすめるほど食べなくなるってことがよくあるんですよ。

 

【徳永DJ】

 難しいですよね!これって食欲がなくても頑張って食べてもらった方がいいんですか?

 

【原さん】

 もちろん,毎回しっかり食べることに越したことはないんですが,夏に限らず子ども達は食欲にすごくムラがあるんです。だから「今日食べなかったから」って心配せずに,1週間くらいの幅を見てあげてほしいなと思います。

 

【徳永DJ】

 では,今日食べなかったとしても明日モリモリ食べてれば大丈夫なんですね。

 

【原さん】

 そうそう!大丈夫です!

また,小さいお子さん達は体温調節がうまくいかなくて,体の中に熱が溜まって大汗をかいたりしやすいんですよね!それで部屋を少し涼しくしてあげて,シャワーなどで体をサッパリさせてあげて,お食事をしてみてください。それと,いっぱい遊んでお腹を空かすということが一番大事です。

 

【徳永DJ】

 食事の時間までの過ごし方っていうのも大事になってくるんですね!そういった工夫もあるんですね!あと,食欲をそそる食材,大人だと香りとかがあると思うんですが,何かありますか?

 

【原さん】

 大人と違って子どもは香りの強いものを口の周りに近づけるとそれだけで嫌がる傾向があります。セロリとかってあまり好きじゃないですよね。香りというより,口当りのいいもの,例えばとろみのついたスープなどは食べやすいんじゃないかなと思います。離乳食をされている方は,とにかく無理やり押しつけずに,少し前の段階に戻してあげてみてください。そして,「おいしいね」って言って,お母さんと一緒にいただいてみてください。

 

【徳永DJ】

お母さんの「おいしいね」も大事になってくるんですね!では,今日は原さんに,元気が出る子ども向けのメニューもぜひ教えていただきたいんですが,いいですか?

 

【原さん】

 はい!普通夏によくみなさんのご家庭で冷やししゃぶしゃぶをされますよね。

 

【徳永DJ】

 よくしますねー!

 

【原さん】

 それにちょっと手を加えて,薄切りのお肉に片栗粉をまぶして湯通ししてみてください。ツルっとしていますので,口当りがよくて食べやすいと思います。

 

【徳永DJ】

 食べやすさがあるんですね!

 

【原さん】

 それから,これからの夏においしくなってくるのが,カボチャととうもろこしです。これを使って牛乳を入れて,ミルクスープを作ってみてください。作り方は簡単です。バターで玉ねぎを焦がさないように,しっかり炒めてください。それに,小さく切ったカボチャとそぎ落としたとうもろこしを直接入れて,スープを加えて煮ます。クリームコーンの缶詰があったら,これも入れてみてください。少しとろみがつきますので,食べやすくなります。あとは牛乳を入れて味を調えます。暖かくてもいいんですが,冷たくてもおいしいですよ。夏の食事は,量より質を考えられるといいと思います。少し量で,栄養が取れるものですね。

 

【徳永DJ】

 とってもおいしそうなものをご紹介いただきました。その他に調理のアイディアってありますか?

 

【原さん】

 作り置きができるものは,少し大目に作っておくということですね!例えば,肉味噌です。冷蔵庫で2~3日置けますので,茹でた野菜にかけたり,ごはんの上に乗せたり,また,レタスに巻いて食べてもいいですし,麺や冷奴の上に乗せて食べてもおいしいと思います。

 

【徳永DJ】

味が濃いので,プラスアルファのものもたくさん食べられそうですね!今日はいろいろメニューも含めて教えていただきました。最後に,パパさんママさんにメッセージをいただけますか?

 

【原さん】

 私はいつも思うんですが,パパとママに頑張りすぎないようにしてほしいんです。だってパパとママに元気がないと,子ども達も悲しくなって元気が出ません。しんどい時は一緒にお昼寝をしてもいいんじゃないかと思います。しっかり食べて,笑顔で元気に夏を乗り切ってほしいと思います!子ども達は日に日に成長していますので,毎日を大切にして,とにかく子育てを楽しんでほしいというのが,私の気持ちです。