ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「口臭について」

■日時 平成23年11月8日(火)
■出演 広島県歯科医師会 常務理事 津島 隆司 さん
■ DJ 徳永 真紀さん

【徳永DJ】
今日は11月8日,「イ・イ・ハ」の日ということで,色々イベントも行われているんですか?

【津島さん】
 そうですね。今日は歯科医師会で子どもたちの作文コンクールや,いい歯をした方の表彰式で,そういう方を選んで,県知事表彰や歯科医師会長表彰ということを行っています。
「8020運動」ということで,いい歯の方を選んで,ちょうど今この時間に,歯科医師会館の方で表彰式を行っております。

【徳永DJ】
 いい歯を持つということは,表彰に値するということですもんねー!今日もお口のことについて,よろしくお願いします。
 今日は,そんな中でも「口臭について」というテーマです。そもそも口臭とはどういったものですか?

【津島さん】
口臭というものは,吐く息と一緒に発せられる嫌な臭いというのが口臭と言われています。 

【徳永DJ】
 その口臭にも色々種類があるようですが,それについて簡単に教えていただけますか?

【津島さん】
 まず口臭には,生理的口臭,食べ物による口臭,病的口臭に分かれると思います。生理的口臭というのは,人体におけるさまざまな生理現象を伴って起こる口臭です。寝ているときは唾液の分泌液が減るので,起きた時には口臭がきつく感じられます。これは起床して時間が経つとともに消えていきます。また,空腹時,緊張時にも口臭が発せられます。緊張すると,自律神経の働きによって唾液の分泌量が抑制されます。それによって,口臭が発せられます。緊張すると,のどがカラカラになったりすることがあると思うんですけど,その時に口臭が出る場合があります。そして,食べ物による口臭ですが,これはみなさんよくご存じだと思いますけれども,臭いの強い食べ物,ニンニク,ニラ,ネギ,納豆などを食べると,しゃべるときなどに口臭として臭う場合があります。あとは病的口臭ですが,これは生理的な口臭の誰にでも起こるものではなくて,病気によって起こる口臭のことを言います。病的口臭というのは,虫歯,歯周病,舌の汚れ,詰め物が古くなる,口の中の掃除を怠ったりするなど,口の中が不潔になった場合に発する口臭です。あと,胃腸疾患や,糖尿病などにも,口臭を発する原因が考えられます。

【徳永DJ】
口臭と一言でいっても,あなどれないことがあるんですね!

【津島さん】
 口の中の病気の大きな原因は,虫歯と歯周病なんですが,そういうものは早めの治療をお勧めします。

【徳永DJ】
 口臭が気になり出す年齢ってあるんですか?

【津島さん】
 そうですね。気になる年代としては,中高年以降ですね。加齢に伴い,口臭が発生する要素が増えます。なぜ年を取ると口臭が発生しやすくなるかというと,加齢とともに唾液の分泌量が減少していくんです。それによって口臭が発生しやすくなります。ですので,40代を過ぎたら,口腔内のケアをより一層強化することが大切です。

【徳永DJ】
 その口臭というのは,子どもには遺伝するんですか?

【津島さん】
 基本的に遺伝することはありません。子どもの口臭の原因としては,虫歯,食べ残しなどです。子どもでも,歯石や歯垢は溜まるので,丁寧な歯磨きをしてあげることが大事です。子どもは生後10か月ごろから,虫歯菌が生まれると言われていまして,子どもの口の中は大人と違って,細菌の量や種類が少ないので,親御さんが同じスプーンや箸を使うと,大人の菌が子どもの口の中に入っていく,そして住みついていくので虫歯が気になるのであれば,定期的にきれいに磨いてあげてチェックしてあげましょう。子どもの口臭や虫歯はお父さんお母さんの手にかかっていると言えるでしょうね。

【徳永DJ】
 大切なことですねー。
 では,自分の口臭をチェックするにはどうしたらいいんでしょう?
 
【津島さん】
 最近では,口臭の対策として,口臭スプレーやガムが出回っていますので,一般の方にも口臭に対する意識が高まっています。そんな時代なので,今は口臭をチェックするものありまして,口臭チェッカーも1,000円前後から売っていて割とリーズナブルなので,口臭をチェックして,歯医者さんに行って診てもらってください。口臭の種類や対策法を教えてもらえると思います。

【徳永DJ】
 口の渇きを防ぐことが大事のようで,水分補給が大切になってくると思うんですが,口臭を防ぐ飲み物はあるんですか?

【津島さん】
 そうですね。口臭を防ぐにはまず,水分補給が大事ですが,牛乳を飲んでいると,口臭予防ができると言われています。牛乳には,魚や肉などの生臭さを消してくれる成分が入っておりまして,ニンニクやニラなどの食べ物を食べた後は,牛乳を飲むと臭いを消してくれるということです。あとは,梅干しですね。すっぱいものを見ると,唾液が出ますよね。その唾液がでることによって口臭を防ぐとも言われています。

【徳永DJ】    
 なるほどー!
 では,最後に番組をお聴きのパパさんママさんにメッセージをお願いします。

【津島さん】
 今日は「イ・イ・ハの日」ということで,口臭についてお話をさせていただきましたが,口臭に限らず,口は健康の源である,内臓系の病気は全て口から始まると言っても過言ではないと思います。その一番大切な部分を歯医者さんで診てもらうことを,痛いとか怖いということで,後回しにしがちなのではないのかと思います。とにかく,痛くなくても,症状がなくても,半年に一度は定期的にかかりつけの歯医者さんに行って診てもらうようにしてください。そうすることによって,噛むということの大事さを今一度認識していただければと思います。そうすれば,一生自分の歯でおいしいものが食べられると思います。