トップ > お悩み相談・体験談 > ひろしまこども夢財団★papamama smile club > お父さんの出番です!親子で楽しむパパ料理

ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「お父さんの出番です!親子で楽しむパパ料理」

■日時 平成23年12月27日(火)
■出演 ファザーリングジャパン中国 副代表理事 北 義弘 さん
■ DJ 徳永 真紀さん

【徳永DJ】

 まず,ファザーリングジャパン中国について教えて下さい。

 

【北さん】

 はい,ファザーリングジャパン中国というのはNPO法人ファザーリングジャパンの会員で,広島を中心に中国地方のメンバーで作った団体です。目標としては,肩ひじ張ってよい父親をするというよりは,笑っている父親,笑顔で楽しんでいる父親を目的として,セミナーや支援活動をしています。

 

【徳永DJ】

パパさんとしてはもちろんですが,旦那さんとしても笑っているのがステキですよね~。

 

【北さん】

 そうですね。やっぱり夫婦円満が一番だと思います。

 

【徳永DJ】

 具体的にはどんな活動をされているんですか?

 

【北さん】

 中国支部ができて半年なんですが,仕事をしている人が多いのでなかなか活動としては難しくて,依頼されたセミナーを一緒に参加したり,例えばパパママのセミナーだったり,座談会だったり,地域の子育て応援イベントに参加しています。僕は食生活アドバイザーという資格を持っているんですが,パパ向けに男性の料理教室などをしています。

 

【徳永DJ】

実際に先生もされているんですね。

 

【北さん】

 実際には楽しみながらなので,先生といった感じではありませんが・・・(笑)

 

【徳永DJ】

 メンバーは,皆さんパパなんですか?

 

【北さん】

 そうですね。僕も含め皆パパです。

 

【徳永DJ】

 何人いらっしゃいます?

 

【北さん】

 今7名です。

 

【徳永DJ】

 北さんは,お子さんは?

 

【北さん】

 僕は3歳と5歳の,学年年子の男の子がいます。僕も専業主夫として,男手育児をしています。

 

【徳永DJ】

 奥さまがお勤めをされて,主夫をされているわけですね。専業主夫をされて,何か感じたことはありますか?

 

【北さん】

 専業主夫をして2年半になるんですが,男性で育児をしていろいろ気付くこともあり,活動に生かしています。男手育児をしていて,長男が8カ月の時に地域のオープンスペースを利用していたのですが,やっぱりそこは「ママが中心」という印象がありました。僕も最初は勇気がいったんですが,一度入ってしまうと,子どもを中心にママとのつながり,ママ友もできて,とても楽しかったです。

 

【徳永DJ】

 そうなんですね!

 

【北さん】

 でも,今から育児を始めるパパだったり,育児休暇を取得したパパにはちょっとまだ入りにくいかなという印象がありました。

 実際,僕がパパ同士で集まる機会があったんですが,そこでちょっと話をした時に,日頃オープンスペースでママとする話が,パパ達にとっては新鮮だったらしく,それらの経験を生かしてオープンスペースにパパが入りやすい環境を作りたい。また,パパ同士で育児の話ができる機会をつくりたいと思って,不定期なんですが,県のあいあいキッズなどで座談会をしています。

 

 

【徳永DJ】

 ご自身の経験からそういったことを始めれたんですね~。北さんは,お子さんがいらっしゃって,専業主夫ということなので,お弁当は作られたりするんですか?キャラ弁とか?

 

【北さん】

 キャラ弁,作ります。

 

【徳永DJ】

 おー!すごい!!どんなキャラ弁を作られるんですか?

 

【北さん】

 こんな感じですね。

 

【徳永DJ】

 写真を持ってきてくださったんですね!これはしまじろうですね~。そして,クレヨンしんちゃん?これそっくりじゃないですか!!この肌色のところは何を混ぜているんですか?

 

【北さん】

 それはシャケフレークです。

 

【徳永DJ】

 へー!工夫されていますね!これ,本にして出版できそうなくらいですね。キャラ弁を作られる時,気にされているのはどういうことですか?

 

【北さん】

 そうですね。キャラ弁を作るときに一番気にしているのが,季節や子どもの興味に合わせた内容を作ることです。幼稚園でチョウチョを見た時は,こういう風にチョウチョを作ったり,ゲームでスーパーマリオに興味を持ったときはマリオを作ったり,子どもの生活の中で楽しかった発見や,興味に合わせて,食にリンクさせて繋げていこうと思って作っています。

 

【徳永DJ】

考えられていますね~。北さんはブログとかされていないんですか?活動の様子など・・・。

 

【北さん】

 ブログ,しています。キャラ弁や活動だったり,広島中心に子どもの遊ぶスペースだったり,楽しい所を子どもと一緒に行って写真を撮って・・・といった感じで紹介しています。

 

【徳永DJ】

 なんて検索したらいいんですか?

 

【北さん】

 「広島 主夫」で検索すると,一番最初にでてきます。

 

【徳永DJ】

 ではでは,詳しくは「広島 主夫」で検索していただくとして,せっかくですので,この時間は親子で楽しめるお父さんの料理について教えていただきたいので,レシピを一つ教えていただけますか?基

 

【北さん】

 初めてパパと一緒に料理を作るときに僕がおススメしているのは,「キャラホットケーキ」です。「キャラホットケーキ」というのは,ホットケーキの上にチョコペンでキャラクターを書いていくというイメージをされる方が多いとおもうんですが,そうではなくて,その生地の中に絵が引っついている形なので,手で持っても汚れないし,ラップをしても絵が崩れないんですね。

 

【徳永DJ】

 なるほど~!それはどうやって作るんですか?

 

【北さん】

 作り方は,市販のホットケーキミックスの分量にマヨネーズを大さじ1,豆腐を70g入れます。マヨネーズを入れることで,生地がふわっとするんですね。また,豆腐を入れると冷めてもパサパサせず,ふわっとした感じに仕上がります。

 

【徳永DJ】

 さすがの一工夫ですね。

 

【北さん】

 では,作り方です。

①  まず,豆腐とマヨネーズ,ホットケーキミックス以外に必要なものをよく混ぜ合わせます。最後にホットケーキミックスの粉を入れて,ざっくり混ぜます。

②  生地から大さじ2~3程度を他の器に入れ,そこにココアパウダーを入れます。すると,茶色になるんですが,これがキャラクターの絵の部分になります。次に色がついた絵の部分の生地を絞り袋に入れます。これは100均などにあります。

③  クッキングシートにキャラクターの絵を透かし絵で描いて,ひっくり返します。この絵を絞り袋の先端を少し切って,茶色の生地でなぞります。

④  絵が描けたら,そのクッキングシートのままフライパンに置いて,弱火で約1分くらい温めます。すると,絵がぷっくりと膨れてきます。それを目安に,上から生地を入れます。あとは普通に焼いてできあがりです。

 

【徳永DJ】

 へー!そうするとキャラホットケーキができるんですね!では,親子で料理することの大切さって何でしょうか?

 

【北さん】

 そうですね。料理というのは感謝の気持ちを相手に伝える手段として使えると思います。で,僕の場合は嫁さんの誕生日だったり,勤労感謝の日に幼稚園の先生に一緒にクッキーを作ったりしました。小さいうちから料理をすることで,喜ばれることの嬉しさをたくさん体験してほしいと思います。また一緒に作ることでコミュニケーションも生まれるので,ぜひパパにも一緒に作ってほしいと思います。

 

【徳永DJ】

 一緒に楽しみならが,ですよね。(^^)では,最後にパパさんママさんへのメッセージをお願いします。

 

【北さん】

 はい。日々育児をしていると,大人になると当たり前に思っていることが,子どもにとっては初めてだったり,新しい発見だったりするんですね。親がそれを先に廻りこんで止めてしまうことがあるんですね。ちょっと危険だからと,それによって子どもが失敗する機会が減ってしまうんですね。料理というのは味や見た目で,成功したか,失敗したかが子どもでもすぐ判断しやすいものなので,料理だけに限りませんが,失敗する機会を作りながら,たくさんのことを経験させてあげてほしいと思います。