ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「子どもとお金の話」

■日時 平成24年2月28日(火)
■出演 プロミス株式会社広島お客様サービスプラザ 庵谷 大輔 さん
■ DJ 徳永 真紀さん

【徳永DJ】
「プロミス株式会社広島お客様サービスプラザ」は,イクちゃんサービスに参加されているんですよね。

【庵谷さん】
 はい,そうです。プロミス株式会社お客様サービスプラザでは,外出中のパパやママのために,ミルク用のお湯を提供させていただいております。気軽にお立ち寄りいただければと思います。

【徳永DJ】
 今日のテーマは「子どもとお金の話」。子ども向けにお金の講座をしていると聞きましたが,どんな講座ですか?

【庵谷さん】
 「カードゲームで学ぶお金の役割」という講座を開催しております。この講座は日本消費者金融協会が制作しているもので,カードゲームを通じて"物々交換"や"物品貨幣"の時代を体験してもらって,最後にお金の役割である,"交換する役割","価値を表す役割","価値を蓄える役割",この3つの役割について学んでもらえる内容になっております。

【徳永DJ】
 いろいろ勉強できそうですけど,これまで何回くらい行われましたか?

【庵谷さん】
 これまで,公民館や母子支援施設などで,合計5回開催させていただいております。

【徳永DJ】
どのくらいのお子さんが参加されていますか?

【庵谷さん】
 小学校1年生~小学校6年生のお子さま,62名に参加していただきました。

【徳永DJ】
 たくさん参加されたんですねー!具体的には子ども達にどのようにお金の役割を教えていくのですか?
 
【庵谷さん】
 まず,チームに分かれてカードゲームを進めていきます。お金に関するクイズに答えてもらって,正解だった数だけ"生産物カード"がもらえます。ちなみにこの"生産物カード"とは,家,卵,パンなどと書かれたカードで,各チームによって違います。そのあとに事前に各チームに与えられたミッション達成のために,必要な生産物カードを,他のチームと交換しながら集めていきます。これが,物々交換の時代です。物々交換の時代を体験してもらうことで,お金のなかった時代が大変だったことを感じてもらいます。次に"お米カード"が登場する物品貨幣の時代を体験してもらい,昔はお米が交換する役割,価値を表す役割だったことに気づいてもらいます。さらに,時間の経過とともに生産物カードが傷んでしまった,腐ってしまって半分になってしまうというイベントがあります。そこで,価値を蓄える役割にも気づいてもらいます。最後は時間の経過とともに,傷んでしまうことのない,硬貨・紙幣の登場,今のキャッシュレスといった流れで3つのお金の役割と合わせて,お金の歴史についても学んでもらいます。

【徳永DJ】
 大人が参加しても楽しそうですよねー!実際に参加したお子さんたちはどんなふうに言ってましたか?

【庵谷さん】
「もっとやりたかった,もう一回やりたい」という感想もありましたし,「物々交換は相手と自分のほしいものが合わないとできないので大変だった」などの感想もいただきました。

【徳永DJ】
 お子さんたちはずいぶん楽しまれたみたいですので,パパやママがこういう風に教えてあげるというのもいいかもしれませんね。
 「子どもとお金」という点で他にも伺いたいんですが,実際にひとりのお子さんが大学卒業までにかかる教育費が気になる方が多いと思うんですが,だいたいどのくらいかかるものでしょう。

【庵谷さん】
 だいたい,約1,000万円~2,500万円とも言われております。

【徳永DJ】
気が遠くなりますね。パパママが頑張らないといけないとことは,やっぱり貯蓄かなと思うんですが,貯蓄のヒントやポイントを教えてもらえますか?

【庵谷さん】
 まずは,家計簿をつけることからスタートするといいと思います。

【徳永DJ】
 苦手な方が多いんじゃないないんですかね~。

【庵谷さん】
 家計簿と聞くと,ちっとっ面倒だなぁと思うこともあるかもしれませんが,貯蓄をする上で今の生活状況を把握することは,非常に大切だと思います。その上で,家計管理のひとつである,ライフイベント表を作ってみるのもいいと思います。ライフイベント表をつくることで,将来いつまでのどのくらいの貯蓄が必要になるかが明確になって貯蓄の目標が立てやすくなると思います。

【徳永DJ】    
 ライフイベント表とはどのようなものですか?

【庵谷さん】
 自分や家族の思い描く将来にどのようなイベントがあって,それに必要なお金はいくらくらいなのか,そのようにおおよその金額を記載した表になります。ここでいうイベントというのが,お子さまの教育費であったりとか,車や住宅の購入資金。こういったものが挙げられます。
 
【徳永DJ】
 「ここでうちの子が卒業して,中学生になる」とか,「車は10年乗ってここで買い替える」とか,そういったことなんですねー。楽しそうですね!

【庵谷さん】
 そうですね。そのように将来像を描くと楽しいと思います。


【徳永DJ】
 その他に,「子どもとお金」といことに関して,何かアドバイスがありますか?

【庵谷さん】
 お子さまにお金の大切さを理解してもらうことは重要ですので,お子さま自身がお小遣い帳を付けることがよいと思います。お小遣い帳をつける場合はお子さまが欲しいもの,誰かにプレゼントしたいものなど目標をしっかり立てて,それを見守っていくことが,お子さま自身の大きな成長につながるのではないかと思います。

【徳永DJ】
 大人が家計簿をつけるのもなかなか難しいと思うと,お子さんにお小遣い帳を上手につけてもらうのは難しいと思うんですけど。きっかけはどのようにしたらいいでしょうか。

【庵谷さん】
 自分の欲しいものを具体的にイメージさせてあげて,ではそれを手に入れるためにはどうしたらいいかということを,お金につなげてアドバイスしてあげると,お子さんは目標を持ってお小遣い帳をつけると思います。

【徳永DJ】
 「今日はこれだけお金が余ったから,毎日これだけ余らせたら何日であれば買えるよ」とか・・・

【庵谷さん】
 そうですね,そういった身近なところからスタートしていくと非常に入りやすいと思います。

【徳永DJ】
 "ごっこあそび"みたいな感覚でもありますね!一緒に楽しみながら,お金のことも勉強できたらなぁと思います。
 では最後に,パパさんママさんにメッセージをお願いします。

【庵谷さん】
 全てのパパさんママさんにとって,お子さまの将来は楽しみだと思います。お子さま,そしてパパさんママさんの将来の夢に実現に向けて,わたくし達もお役に立ちたいと考えております。わたくし達は,今回紹介した「カードゲームで学ぶお金の役割」の他,家計管理,ローン・クレジットの一般知識を学んでいただくセミナーや,金融トラブルの未然防止に関するセミナーなども無料で開催しております。そういったイベントを通じて,皆さまが大切なお金ともっと上手に付き合っていただくための参考となれば,と考えております。セミナー参加ご希望の際は,お気軽にご連絡ください。

【徳永DJ】
 こちらは「プロミス株式会社広島お客様サービスプラザ」の方へお問い合わせすれば大丈夫ですか?ホームページなどもありますか?

【庵谷さん】
 はい,そうです。ホームページもぜひ,ご覧になってください。