ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「時短の工夫」

■日時 平成28年7月28日(木)
■出演 ママ楽サポート 代表 西村祐紀(にしむら ゆき)さん
■ DJ キムラミチタさん、&俊山真美(としやま まみ)さん

【俊山DJ】
今日のpapamama smile clubは、夏休みに入り、お家の中はお祭り状態。
進まない家事に、つのるイライラ。そんな方にオススメの「時短の工夫」というテーマでお送りします。
スタジオにお越しいただいたのは、ママ楽サポート 代表 西村祐紀(にしむら ゆき)さんです。
宜しくお願いします!!

【西村さん】
困った時に気軽に利用してもらえる家事代行サービス。
「ママ楽サポート」代表の西村祐紀です。宜しくお願い致します。

【キムラDJ・俊山DJ】
よろしくお願いします!!

【西村さん】
"ママ楽サポート"は、家事のサポートをしながら、ママの育児の悩みも聞いていくので、お部屋もスッキリ、心もスッキリして頂けます!!

【俊山DJ】
相談にも乗っていただきたい・・・という気持ちになりますよね~(笑)
ママ楽サポートは、イクちゃんサービス参加店なのですよね?

【西村さん】
はい。ママ楽サポートのイクちゃんサービスは、お試しサービス3時間を通常4,800円のところ
「イクちゃんサービスを見た」の一言で、500円引きの4,300円でご提供しています。

【キムラDJ】
それでは、今日のテーマ「時短の工夫」についてお話をうかがってまいりましょう!!
これは、どういうことなんでしょう??

【西村さん】
これはですねえ。夏休みということで、『朝昼晩3食の用意』で頭を悩ませている方も多いと思います。

【キムラDJ】
え~~よく聞きますよお(笑)

【西村さん】
ここで、私が提案したいのは、たとえば麺をゆでる作業など、同じことをするのでも、暑~い日中にするのと、ちょっと涼しい夜にするのと、同じことでも、精神的にも体力的にも疲れ方が違うよ・・・というご提案です。
これは、そんなに難しいご提案ではなくて、その時その時の事だけじゃなく、少し先の事を考えてみる。
たとえば、今日の夕食の準備をするときに、ついでに次の日の昼食の下ごしらえをしていくということです。

【キムラDJ】
それを癖づけておくといろいろといいですねえ。

【西村さん】
後々、身を助けることになるんですね(笑)
心の余裕が、育児の余裕だったり、夫婦間の余裕を生みますので・・・

【俊山DJ】
そうかあ。
あ~(笑)大切なことですねえ。

【西村さん】
家庭の太陽のようなお母さんは、イライラの難しい顔より、ニコニコ笑顔でいてもらったら、全然違ってきますので・・・

【俊山DJ】
あ~、子どもってわかりますよね~
親が今どういう気持ちか??ってねえ~~(笑)

【キムラDJ】
すごい、気づきますよね~(笑)(笑)

【西村さん】
はい、出来たよ、食べなさい!!っていうようなイライラした様子だと、せっかくの美味しい物が
美味しくなくなってしまう。それは、もったいない、残念なので少し考えてみていただくといいですね。
このポイントは、あまりたいへんになり過ぎないように、あれもこれもしようとしない・・・
ちょっと、ひとつやっておくと、後が楽かなあ!?というぐらいにしておかないと、ぐったりしますから。

【キムラDJ】
あまり、自分のスケジュールを決めすぎないっていうことですかね。
いっぽ先、半歩先、ちょっと先・・・でも、やっとかないよりいいんじゃないの??っていうぐらいの気持ちで続けていくという・・・

【西村さん】
はい。そういう気持ちで。

【俊山DJ】
そういう気持ちを持って・・・時短して、いろいろな料理を作りたいと思ってらっしゃる方もいると思うんですが、西村さんオススメの親子で作る時短レシピを教えていただけますか。

【西村さん】
お薦めが、「Wとろとろ麺」です!!

【キムラDJ】
皆さんメモの準備は良いですか?
それでは、用意する材料を教えて下さい!

【西村さん】
パパママ、そして二人のお子さんの、家族4人分の材料になります!
オクラ(1ネット)
長いも(150g)通常カットしてある半分くらいの量です。
肉みそ(100g)これは、あとで説明します。
だしキューブ(5cm×4cm×3cmを3つ程度)
めん(そうめん等の乾麺4束)
ごま油(大さじ2)
酢(大さじ1)
昆布つゆ(出来上がり100ml)を準備してください!

【キムラDJ】
材料がそろったら、次は、作り方を教えて下さい!

【西村さん】
まず、前日、または2日前に準備、下ごしらえしておきます。

① オクラはさっとゆでるかむして刻んで冷凍しておく
② 長いもはすって酢少々をふり混ぜ、冷凍する
③ 肉みそはお好みでしょう油みりん酒などで調味しょうがニンニクを入れるとコクがでる
しっかり加熱、日持ちするポイントですが、しっかりと水分を飛ばす、そして冷凍
④ 麺を茹でる、しっかり水分をきって、冷凍ではなく冷蔵です。これは、前日の準備です。
⑤ だしキューブ(少し濃いめに取ったかつおだしを製氷皿で冷凍)
⑥ 昆布つゆ(昆布、しょう油、みりん、酒を一晩つけておく)
※使う前にレンジで30秒を目安にアルコールを飛ばす
当日は、
⑦ 冷凍しておいたオクラ、長いも、肉みそを使う分量だけを、冷蔵に移す
⑧ 昆布つゆレンジで30秒チン、だしキューブを2つ入れて冷ます
⑨ 麺にだしキューブ1個をのせて少しとけてきたら他の材料を入れ、混ぜる
⑩ お好みで、パパやママはしょうがをすり入れて完成です!              

【キムラDJ】
いいですねえ~夏にぴったりですね。
ワンポイントとしては、なにかありますか?

【西村さん】
手作りだしキューブはまとめてだしをとって、粗熱が取れたら製氷皿で固まらせるだけなので、小さなお子様でもお手伝いができます。
自分で下ごしらえしたものが別の日に食卓にあがるのはとっても嬉しいことですね。
「あれ、僕が作ったんよ!」って、楽しんでもらえると思います。
煮物にもすぐに使えるので、手間がかからず、楽ですよ!

【俊山DJ】
Wとろとろ麺のレシピはDAYSのブログにアップしています!
それでは、最後に子育てに奮闘中のパパママへメッセージをお願いします。

【西村さん】
子育ては長期戦です。パパやママの思い通りにならないことの連続です。
自分の子供であっても別の人格であるということを理解して、楽に楽しく子育てしていきましょう。
考え方を変えれば、失敗は成功へのヒントの宝庫です。頑張り過ぎないで!!