トップ > お悩み相談・体験談 > ひろしまこども夢財団★papamama smile club > 遊びを通して地域の魅力発信!みんな、あそぼう!!

ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「遊びを通して地域の魅力発信!みんな、あそぼう!!」

■日時 2019年5月16日(木)15:10~
■出演 NIKA HORN(にか ほーん) 岸本 このみさん、神田 加奈子さん
■ DJ 近藤志保さん&山本三季雄さん

【近藤DJ】
今日は、親子での遊びを通して地域の魅力発信に取組む、竹原市仁賀町の『NIKA(ニカ) HORN(ホーン)』という
サークルから、岸本このみさん・神田加奈子さんにお越しいただきました。
よろしくお願いします!

【岸本さん、神田さん】
よろしくお願いします!

【山本DJ】
『NIKA(ニカ) HORN(ホーン)』...アルファベットなんですが、おしゃれですよねえ~
どんなグループなのですか?

【岸本さん】
「NIKA HORN」は ,仁賀で生まれ育った次世代,仁賀に魅了されて住み着いた移住者,小規模特認校である仁賀小学校に子どもを通わせている保護者など、大好きな仁賀を盛り上げたい者たちの集う団体です。
2年ほど前、広島県が企画した里山を盛り上げるイベント里山未来博での活動をきっかけに結成され,
いまは、古民家を改装したカフェ「スペースアンソロジー」を拠点にしながら活動しています。

【山本DJ】
結構、移住者の方が多いんですか?

【岸本さん】
そうですね~

【近藤DJ】
仁賀って、竹原市のいちばん北側にあるエリアですよね?自然豊かで、私も小さい時に蛍を見に行って
ました。

【山本DJ】
じゃあ、そろそろ??

【神田さん】
そうですねえ~。今年、豪雨の影響で川が今までとは違う状況だと思うので、みんな心配しているんですよ。

【山本DJ
自然は非常に敏感ですからねえ

【岸本さん、神田さん】
そうですよね~
【近藤DJ】
じゃあ、蛍さん出てきて!って願っているタイミングですね。
その「NIKA HORN」っていう名まえですが、いろんな意味が込められているそうですね?

【神田さん】
NIKAって、英語で角(つの)という意味なんです!
仁賀町って、子どもたちが通学中に鹿が出てきたり、イノシシが出てきたりするような里山なんです。
なので、その角、HORNをアンテナにして、新しい感覚で「あそび」を通して仁賀を発信していきたいなあ
って思って居ます。

【近藤DJ】
色々な思いが込められていて、「知ってもらいたい」っていう思いも込められているんですね。

【神田さん】
はい。市内外の方に里山を「知って,訪れて,楽しんで」もらって、地域や世代を超えた交流ができることを目
指しています。
仁賀町で活躍されている方は、70代80代の方々で、私たちも、何とかお手伝いできないかという事で、
30代40代が集まり始めたので、ホント、幅広い年齢層で活動しています。

【山本DJ】
年代を超えて活動するって、周りからみると実に微笑ましいんですよ!!イイですよねえ!

【神田さん】
そうなんですよ。私たちが知らないことをたくさん教えていただけますし、逆に、次の世代にも、こういう事をしているってみてもらいたいなって思っています。

【近藤DJ】
普段はどんな活動をされているのですか?

【岸本さん】
遊びを軸に、子どもだけでなく、大人も夢中になれることを企画しています。
賀茂川に沿う仁賀町は,夏にはたくさんの蛍が飛び交い、山奥にはオオサンショウウオも見られる自然豊かな土地なので、企画の際には、地域で調達できる物をたくさん使うようにしています。

【近藤DJ】
竹を使ったりして遊ぶには、川もきれいだしいい所ですよね~

【岸本さん】
例えば、竹を切って、竹水鉄砲を作ったり、竹でご飯を炊いたり、また、川の小石を拾ってきて、小石にお絵かきをしたり...といったこともしています。
田んぼの中で、子どもたちが体を使って自然を表現する「どろんこお絵かき」という企画を行った際、
大きなキャンパスに泥まみれの体で絵を画く子どもたちのきらきらした顔と青い空は格別でした。

【近藤DJ】
先ほどもお話がありましたが、昨年の豪雨災害の時は、この仁賀町でも地域の方の助けで、子どもたちのための縁日などを開催されたそうですね?

【神田さん】
はい、どこもそうだったと思うんですけど
娯楽は自粛ムードの中、子どもたちに笑顔の時間を過ごしてもらいたい一心で縁日を企画しました。たこ焼きやかき氷、スーパーボールすくいのほか、そして、義援金で花火を用意させてもらいました。子どもたちが、夜遅くまで走り回る姿が印象的でしたね。

【近藤DJ】
素晴らしいですよね。いろんな人の交流が、そういったことから始まることもありますよね。
今後の活動の予定があったら教えてください。

【岸本さん】
6月9日(日)にスペースアンソロジーで、「ほたるかえっておいでまつり」を開催します。
その日は朝から「冒険遊び場」も企画しています。
冒険遊び場は、仁賀小学校の周辺で10時から行うんですが、べっこう飴をつくったり、焼ビー玉をしたり、川遊びをしたり、いろんな企画をしています。

【山本DJ】
焼ビー玉??

【岸本さん】
ビー玉を焼いて、急激に冷やすと中がキラキラになるんですよ。

【近藤DJ】
やりました、わたし!!

【山本DJ】
おもしろいねえ

【近藤DJ】
詳しい情報はどうしたらいいですかね?

【岸本さん】
9日は、スペースアンソロジーでも「ほたるかえってこい」まつりを行います。
ニカホーンの活動の様子やイベント情報は、『広島県竹原市「仁賀町」』というフェイスブックページで
ご確認いただけます。また、インターネットの環境がないリスナーの方は、仁賀町の古民家カフェ、スペースアンソロジーにお問い合わせください。
 
【近藤DJ】
今日は、遊びを通して地域の魅力発信を行っている、竹原市仁賀町のサークル
『NIKA(ニカ) HORN(ホーン)』より岸本このみさん・神田加奈子さんにお越しいただきました。
ありがとうございました!