ひろしまこども夢財団★papamama smile club

「親子にうれしい公共スペース」

■日時 令和元年12月19日(木)15:10~
■出演 西日本旅客鉄道株式会社 広島支社の小林(こばやし)健治(けんじ)さん
■ DJ 近藤志保さん&山本三季雄さん

【近藤DJ】
年末年始の帰省など、公共交通機関を使って、親子で移動する機会も増える時期ですよね。
今日は、広島駅新幹線改札内に新しくできた、親子に嬉しい公共スペースについて、ご紹介します。
西日本旅客鉄道株式会社 広島支社の小林(こばやし)健(けん)治(じ)さんにお越しいただきました。
よろしくお願いいたします!

【近藤DJ】
年末年始の広島駅の混雑の様子は、いかがですか?

【小林さん】
はい。毎年、非常に多くのお客様にご利用いただいており、新幹線コンコースは大変混雑します。
普段はビジネス利用のお客様が多い新幹線ですが、この季節は、帰省や旅行等の機会に、ご家族連れのお客様にも多くご利用いただいています。

【山本DJ】
そんな中、11月20日の新幹線柵内コンコースリニューアルの際、親子で過ごしやすいスペースを設けられたそうですね。こちらはどんな場所なのでしょうか?

【小林さん】
ご家族で新幹線をご利用になるお客様、特に小さなお子様をお連れのお客様に、気兼ねなく列車をお待ちいただける空間として、「キッズスペース」を設けました。
以前の広島駅には、大人用のベンチがある待合室しかなく、待合室も1箇所しかありませんでしたので、お子様連れのお客様に気兼ねなくお使いいただける空間があるとは、言えない状況でした。

【山本DJ】
どのような想いから、キッズスペースを開設されたのですか?

【小林さん】
お子様連れのお客様の中には、お子様の声を気にして、待合室の外で待たれているお客様もいらっしゃいました。
また、お子様にとっても、せっかく新幹線に乗るのだから、我慢ばかりの思い出ではなく、楽しい思い出を作ってもらえたら・・・と思っていました。
そこで、当社としても、老朽化したコンコースを大規模にリニューアルするタイミングに合わせ、JR西日本としては初の取り組みとして、親子に安心してすごしてもらえるようにと、
「キッズスペース」を設けることになったんです。

【近藤DJ】
広島駅の「キッズスペース」ならではの、工夫された点はありますか?

【小林さん】
はい。お子様に大人気の500系新幹線をモチーフにした空間としており、正面には運転台をかたどった顔出しパネルがお出迎えします。
内装は新幹線の車内をイメージしており、小さなお子様が衝突しても怪我をしないように、壁面にはクッションを敷き詰めています。
また、靴脱ぎスペースには地元・広島の会社さんとコラボをして、500系、0系やドクターイエローをかたどったクッションを設け、小さなお子様が退屈せずにお過ごしできる空間を作っております。

【近藤DJ】
キッズスペースを利用されている方の様子はいかがですか?

【小林さん】
靴脱ぎスペースに入って、新幹線クッションで遊ぶお子様を側のベンチからお父さんやお母さんが見守ったり、顔出しパネルにてご家族で記念撮影をされたり...
皆様思い思いにお過ごしいただいており、ほっこりします。

【近藤DJDJ】
最後に、年末年始に向けて、新幹線で広島駅を利用する親子に、メッセージをお願いします。

【小林さん】
新幹線で広島駅をご利用の際には、「キッズスペース」へお越しいただき、新しくなった広島駅を体感してください!
また、乳児のお子様をお連れのお客様は「授乳室」もありますので、お気軽にご利用ください。皆様のお越しを心よりお待ちしております!

【近藤DJ】
パパママスマイルクラブ、この時間は、西日本旅客鉄道株式会社 広島支社、小林健治 さんに、お越しいただきました。ありがとうございました。