毎月宇宙のプロから親子で学ぶ「子ども宇宙アカデミー」では、夏休みスペシャル講演会を実施します。

最近、人類の移住先として話題に挙げられる「火星」。
その火星が、7月31日、15年ぶりに地球に大接近します。
人類は火星に行けるのか?大接近とはどういうことなのか?
呉市かまがり天体観測館の山根弘也館長にお越しいただき、お話していただきます。

火星を知ることで、よりこの地球の素晴らしさを、知っていただけることと思います。
この夏、火星や月など、宇宙に親しみ探求してみませんか?

定 員: 100名
参加費: 高校生まで 500円
      18歳以上  1,000円(500円+会場費 500円)

-----
この度の災害で、心落ち着かないお子さまたちも多いことと思います。

運営者自身も渦中にありますが、
夕暮れ時の金星から始まり、木星・土星・火星と
見られる惑星ショーに、力をもらっています。
ぜひ、親子で夜空を見上げていただけたらと思います。

こんな時こそ、可能な限り、お子さまたちの
学びの機会を確保して、 未来への力に、と考えています。

陸地を観測している衛星「だいち2号」では、
その変化を観測して、各自治体に送っているそうです。
宇宙の技術を、今後の安全に活用していきたいですね。

ご参加の皆さまは、周囲の状況をご検討いただき、
安全第一でお願いします。

参加したいけれど、災害で難しいという方は
お気軽にご相談ください。

よろしくお願いします。