朝や夜がだいぶ涼しく過ごしやすくなってきましたね。少し耳を澄ましてみると秋の虫の声が聴こえてきます。

前回のセミの生態調査も大好評だった自然観察指導員の上田康二さんに秋の虫について伺ってきました。
200m先まで泣き声が届くあの虫のこと、朝と昼と夜とで鳴く虫が変わること、住む場所に合わせて身体が上下に左右に扁平な虫の話、気温によって鳴き声のトーンが変わるなど。盛り沢山のボリュームで秋の虫について話が溢れてきました!!!

「耳を養い、秋の虫を学んで、みんなで待ち伏せ作戦!!!」
草むらのある比治山公園のトンネル上スペースで、秋の虫を楽しみたいと思います。

まずは虫の声を聴く耳を養うために、サウンドマップというネイチャーゲームで、自分中心にいろんな音を聴き、それを自由に描いていきます。そうすると身近な音に敏感になり、目を閉じていても空間が広がってくる感じがします。

声が聴こえるようになってきたら、みんなで協力しブルーシートを使った待ち伏せ作戦での虫とりを楽しみ、昆虫観察ボトルを使って観察会を行います。

〈いきものSESSIONメニュー(予定)〉
サウンドマップで耳を養う
チームで協力して待ち伏せ作戦で虫とり体験
昆虫観察ボトルで秋の虫の観察


「ひみつ道具:昆虫観察ボトル!」
前回好評だったひみつ道具、虫の観察が楽しくできる昆虫観察ボトル。真ん中の糸に虫さんが止まってくれていい感じに観察できます。ついでにこのボトルで虫を捕まえることもできちゃいます。こちらはお子さんの参加者に付きおひとつずつプレゼントいたします。

秋の虫がどんなところでどんな鳴き声で鳴いているか、みなさんぜひチェックしてみてください。比治山公園でなくても近所を散歩しているだけでも鳴き声が聴こえてくるはずです。そうすると普段の景色もちょっと見え方が変わるかもですよ。ご応募、ご参加お待ちしています。


当日の流れ・大枠(予定)
・8:45-       受付開始|受付場所・比治山公園「トンネル上の広場」
・9:00-9:15 挨拶/趣旨説明 (10min)
・9:15-10:15    観察会(60min)
・10:15-10:30 共有/まとめ(10min)


集合場所
集合場所の比治山公園「トンネル上の広場」は、麓の比治山交番のある入り口から上がると最初のひらけた玄関口的な場所の脇になります。目印は、大きな被爆したクスノキです。


準備するもの|服装・持ち物:事務局で用意があるものもあります。
服装
山の中で1時間程活動しますので、歩きやすい靴・服装でお越しください。
持ち物
マスク、飲み物、タオル、手指消毒用アルコール、虫除けスプレー、など
あれば持ってきて欲しいもの
虫とり網、虫かご、レジャーシートなど


〈新型コロナウイルス感染症対策 ご協力のお願い〉
イベント当日に体調チェックリストを申し込みグループごとに提出していただきます。(氏名・年齢・住所・電話番号等の記載が必要です。発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある人等は、御参加の辞退をしていただくようお願いします。)申し込みの際、代表者の方にデータでお送りします。
イベント当日は、マスクを御持参ください。
ソーシャルディスタンスの確保に御協力をお願いします。
イベント中に大きな声で会話をしないようお願いします。
イベント終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、主催者に対して速やかに濃厚接触者の有無等について報告してください。
トイレ、手洗い場等の石鹸の準備が十分でない場合があります。石鹸、アルコール等を御準備ください。
各自、スマートフォンに接触確認アプリのインストールをお願いします。https://corona.go.jp/




企画概要

タイトル:耳を澄ませば広がる景色。聴こえる秋の虫の声。|いきものSESSION
主催: 広島市(政策企画課)・SATOMACHI(市の業務受託者㈱和大地の運営チーム)
事務局: 株式会社和大地
協力: 広島県自然観察指導員連絡会
日程: 9月19日(土)
時間: 8:45集合 10:30終了予定
集合・解散場所: 比治山公園トンネル上広場
参加費: お一人500円(3歳以下は無料・お子さん一人に昆虫観察ボトル付き・運営費および保険料)
参加人数: 10グループまで(親子・ファミリー参加もwelcomeです!小学生以下での参加の場合はなるべく親子でご参加ください)

申し込み: メールか電話にて直接ご連絡いただくか、下記URLより申し込みを受け付けます。 https://forms.gle/6bpzxuRkVexvm9pF8

問合せ先: (株)和大地 和田 info@satomachi.jp 090-3918-1211