赤ちゃんの食道や胃はまだ十分に発達していません。胃の入り口のしまりが十分でないため、飲んだミルクを吐くことがありますが、こうした現象は赤ちゃんによく見られること。吐いた後も機嫌がよければあまり心配はありません。しかしこの状態が続けば、医師へ相談しましょう。固形物を食べるようになれば、自然と治ることが多いようです。

 

家庭で気をつけること

 

 吐き気があり機嫌が悪そうであれば、無理に食べ物やミルクを与える必要はありません。吐いた直後に食べさせると再び吐くことが多いからです。1時間くらい安静にし、少し落ち着いたらアイソトニック飲料などで水分補給。離乳食が進んでいれば、くず湯やおかゆ、煮込んだうどん、野菜スープ、りんごなどがいいでしょう。柑橘系や海藻類は避けましょう。