発疹には、おむつかぶれやあせもなど、皮膚の症状以外に、ウイルス感染による病気の症状のもの、アレルギー性のものなどがあります。発疹によっては人にうつる病気も多いので、気になる発疹があれば早めに小児科の受診を。
また発疹以外に「熱が出る」「吐き気がある」などの症状があれば、その都度、医師に報告・相談しましょう。

 

家庭で気をつけること

 

 赤ちゃんの皮膚はデリケートで湿疹ができやすい状態。体質にも関係があり、両親や兄弟に同じように皮膚の弱い人がいることもあります。湿疹ができたらまず皮膚を清潔に保つこと。入浴やお湯で絞った清潔なタオルで顔や体を拭いてあげてください。拭いた後に保湿クリームや軟膏を塗ると効果的です。肌に刺激の少ない木綿の肌着を着せましょう。