特別児童扶養手当は、身体、知的または精神に障害がある児童を家庭で監護している場合、国が手当てを支給しています。県及び市町がこれらの手当ての認定や支給の事務などを行います。詳しくはHPを参考に。