心身障害者(児)を扶養している保護者の死後、残された障害者(児)の生活の安定を図るために、心身障害者扶養共済制度を実施しています。掛け金の全額を納付することが難しいと認められる加入者は掛け金の減額も行います。詳しくは下記HPを参考に。