健康保険の被保険者に、産休期間中の生活保障して支給されます。支給期間は出産日以前42日、多胎妊娠の場合は、98日(出産予定日より遅れた場合は予定日から計算)から、出産後56日までで、標準報酬日額の3分の2が支給されます。給料を受けていても、出産手当金の額より少ない場合、差額が支給されます。ただし、国民健康保険にはこの制度はありません。

 ○お問い合わせ 全国健康保険協会各都道府県支部、各健康保険組合

 全国健康保険協会

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3090/r148