出産後の体が元に戻るまでの期間(6週~8週)を『産褥(じょく)期』といいます。子宮が妊娠前のように戻り、母乳も分泌されはじめます。赤ちゃんのためにも早く元気な体に戻って、これからも育児を楽しみましょう。

●子宮復古
 本来の子宮の長さ(約7cm)に対し、妊娠後期の子宮底長は30~35cmにまで広がり、容積は1000倍以上になっています。産後、子宮は元の大きさに戻るため球状に収縮していきます。現状の大きさに戻るのは約4~6週後。母乳を与えると収縮が進み、回復も早いと言われています。

子宮復古に見られるトラブル
●悪露(おろ)
 子宮復古時、子宮内膜や子宮頸管、膣から分泌される分泌物を悪露と言います。血液成分が主ですが、時間が経つにつれ褐色から黄色と変わり、量も減って行きます。産後5~6週間分泌は続き、消毒しながら生理用品等で対処すればいいでしょう。

●後陣痛
 産後、陣痛のような痛みを覚えることがあります。この痛みは「あとばら」と言い、子宮が収縮する時に起こるもので心配はありません。1度以上の出産を経験した人に多いのが特徴ですが、痛みがひどく耐えられない場合は鎮痛剤が必要なこともあります。

●乳汁分泌
 出産後は卵胞ホルモン、黄体ホルモン量が減少し、乳汁の産生にかかわるプロラクチンの分泌を促進し、乳汁が出ます。これは母乳を与えると子宮復古が促進され、赤ちゃんが乳首を吸うことで子宮収縮を促すオキシトシンが分泌されるためです。

●初乳
 出産直後に出る黄色っぽい母乳を「初乳」と言います。この初乳はタンパク質を多量に含みエネルギーも豊富。初乳に含まれる母体からの免疫物質が赤ちゃんに移行され、塩類、酵素もたっぷりあるので、赤ちゃんの健康的な成長のためにできるだけ与えたいもの。産後1週間で通常の成乳になります。

産褥期の異常
●子宮復古不全
 子宮収縮が不完全なため、子宮復古が遅れることを言います。異常な出血、感染症、子宮内膣癒着など、さまざまな疾患の原因になります。胎盤片や卵膜片が子宮の中に残っていることが原因と言われています。お腹の痛み、出血が続くようなら医師へ相談しましょう。

●産褥熱
 分娩中やその前後に起こる熱性疾患を総称して言います。産褥10日以内に2日以上にわたって38度以上の発熱がある場合を産褥熱と言い、主に分娩に伴う傷からの、細菌感染による産褥期感染症が原因とされています。最近では化学療法での予防により、産褥熱の重症例はほとんどなくなりました。

○家庭でできる産褥熱の予防方法
 (1)妊娠中
  ・主に体の各部を清潔にしておく。
  ・また妊娠末期(37週以上)、性交は避ける。
  ・ムシ歯、腎盂腎炎など細菌性疾患を完治させておく。
 (2)産褥期
  ・悪露の排泄状態に注意する。
  ・子宮の収縮状態に気を配り、異常出血など不安な状態があれば、産婦人科を受診する。
  ・外陰を清潔に保つ。


●乳腺炎
 乳房の腫張や発赤を主な症状として、脇の下のリンパが腫れたりします。乳汁がうっ滞して起こる『うっ滞性乳腺炎』と乳頭の傷などから細菌が入ることによる『細菌性乳腺炎』があります。授乳後に残った乳汁をよく搾り出しておくことや、乳首を清潔に保つことで
予防できます。

●排尿障害
 分娩後、自然に排尿しにくい状態が1~2日続くことがあります。それ以上長引く場合は泌尿器科の受診が必要なこともあります。また出産を経てくしゃみや笑った後に尿漏れすることもあります。それは出産の際、骨盤の筋肉が疲労したためで、筋肉の回復によって自然と回復することが多いようです。

●痔
 妊娠後期の下腹部への圧迫や出産時のいきみによって、切れ痔、脱肛することがあります。妊娠中から繊維質を多く含む食品を多く摂ることで改善はされます。産後は便秘になりやすいので、規則的な食生活を心がけて悪化しないように心がけましょう。

●ゆううつ
 産後、一時的に精神的に不安定になることがあり、マタニティブルーと言われています。疲労感、涙もろさ、不安感、不眠などが主な症状で産後10日以内に症状が出ることが多いようです。2週間続けば産後うつ病の可能性もあり、病院で抗うつ剤を処方してもらうこともあります。何よりも家族の協力を得て、心を安定させていきましょう。

1カ月検診
 出産後約1カ月後、産婦人科で母子ともに、1カ月健診を受けます。赤ちゃんは順調に成長しているか、ママは回復しているかを診察します。赤ちゃんや自分の体に心配事があればこの機会に何でも聞いておきましょう。

赤ちゃん&子育てインフォ(該当ページ)
http://www.mcfh.or.jp/jouhou/taikenki/index.html
gooベビー
http://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/yoshu_sango/11/