妊娠・出産

トップページ妊娠・出産 > 妊娠された方へ

妊娠された方へ

妊娠届を出しましょう

妊娠届を提出する

妊娠がわかったら、医師に出産予定日を確認のうえ、お住いの市区町の母子保健担当窓口に妊娠届を提出しましょう。妊娠届の用紙は産婦人科医療機関や、母子保健担当窓口で受け取ることができます。市区町によっては、妊娠届の受付に併せて個別の相談の時間を設けているところや、受付日が決まっているところがありますので、事前に電話で確認しておくことをおすすめします。

母子健康手帳

妊娠届を提出することで、「母子健康手帳」「母子健康手帳別冊(健康診査・予防接種の受診券等)」を
受け取ることができます。また、手帳を紛失・破損したときなどは、再交付を受けることができます。
各市町の母子保健担当窓口一覧についてはこちら

妊娠中のママの体と赤ちゃんの様子

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの様子や動きが気になるもの。ママの体や心も徐々に変化していきます。プレママ・パパライフを安心して過ごすために、まずは赤ちゃんの成長や体の変化を知っておきませんか。
妊娠初期(2〜4か月)
妊娠中期(5〜7か月)
妊娠後期(8〜10か月)

妊婦中の検診(妊婦健康診査等の助成)

妊婦健康診査を受けましょう

妊婦健康診査を受けることで、病気などに早く気付き、早期に治療できる可能性が高まります。 少なくとも23週までは毎月1回、24週以降は2週間に1回、36週以降は1週間に1回は妊婦健康診査を受けましょう。
お母さんもお腹の赤ちゃんも大切です。健やかな妊娠と出産のために必ず受診しましょう。
詳細は広島県のホームページからもご覧いただけます。
広島県ホームページ

診査費用の助成

また、市町の助成制度などについては各市町のホームページをご覧ください。
各市町の妊婦健康診査に関する助成制度はこちら

プレママ・パパ育児教室

子ども誕生への期待を話したり、出産や育児の不安が相談できるプレママ・プレパパ育児教室。赤ちゃんが生まれてからの育児もスムーズにスタートできるよう、お風呂の入れ方や食事についてなどを教えてくれます。プレママ・パパ同士で情報交換できたり、先輩ママ・パパの話が聞けることもあるので積極的に参加してみませんか。詳しい開催状況などは各市町のホームページでご案内しています。
各市町の教室開催情報についてはこちら

多胎児(2児以上)の妊娠・出産・育児

おなかの中の赤ちゃんが、多胎児なら幸せは何倍にもなりそう。それと同時にお金のことや育児の不安も。そんなママ・パパを応援してくれる団体をご紹介します。
多胎育児に役立つ情報や講演会情報などが掲載されています。
日本多胎支援協会サイト

各種福祉制度・手当・助成金のご案内